*All archives* |  *Admin*
10≪ 2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
目が覚めてもメルヘン脳
こんばんは。咏喋です。
今週末は東京へ遊びに行く予定だったのだけれど、色々あって結局流れた。んー。どうも今年は思うように外出できない。ひょっとしたらお正月のおみくじにそういった警告があったのかも。全然覚えていないけれど。

で、残念だなあと思っていたら……友達から恋活に行ってみないかとメールがきた。うえーい(^q^)
メールよ。ラインとかではなくメール。謎のこだわりをもっている友達なの。まあそんなことはともかく……ちょっと前にも書いたけれど、そろそろ自分も動かなければいけない時期かなと思っていた頃合いではある。麗しの美少年で通ってきた咏喋も、もうじき地球年齢で28歳。悠々自適で遊びほうけの毎日を手放すのは惜しいけれど、さすがにそうも言っていられない時期に差し掛かって……というか、そんな時期になって久しい。何らかの行動を起こしたとして、結果が出るまでに数年単位の時間が掛かるのであれば、もう猶予はないといっていい。地球年齢的に。

そういったわけで、いずれ恋活だか婚活だかにも足を運んでみようとは思っていたものの、何だかんだで後回しになってしまっていた。ほら。やっぱりこういうことって自分だけで何とかしたいじゃない。何らかの催しに参加するにしても、ひとまず単騎で乗り込んでこそ、みたいなのってあるじゃない。あるじゃない!!友達の陰に隠れてこっそりおこぼれに与るような生き方をしてきたけれど、こういうことくらいは身一つで臨まなければだめだろうと。

そんなことを考えていたら、結局これといった行動に出ないまま今に至ってしまったという、まことに本末転倒な現状だったのだけれど。今回こういったお誘いがあったので、もうおこぼれでも何でもいいわ!とばかりに参加を決めてしまった次第。
まあ。友達も単騎では不安があったから咏喋を誘ったのだろうし。頑張って勇ましく振舞おうとしても、案外みんなそんなものなのよね。助け合っていこうぜ兄弟(

いやしかし。眠れる森の王子様こと咏喋。本当はお姫様に優しく起こしてもらうはずだったのに、いつまで経っても来てくれないものだから、いよいよ自分で起きるしかなくなってしまった。でもこのまま眠り続けていたら、いい加減嫁探してこい!!とカーチャンに叩き起こされていたかもしれない。理想とは程遠いものの、やむを得ないところである。

まあ良くも悪くも個人主義の時代というやつよ。親や親戚の指図で結婚していた時代が健全だとは思わないものの、そういった束縛が無くなった代わりに、完全に各個人の意思・努力次第という世界になってしまったのだから、それはほら。人口も減るわけだよ。俺は趣味に生きる!私は一人で自由に生きるの!と未婚を決め込む人は多いけれど、その結果子供が出来ず、社会の低迷を招く可能性があるのだから、現代の個人主義も功罪半ばといったところよね。あんまりガミガミ言うのは不快だけれど、そろそろ結婚した方がいいかもねーという緩い同調圧力くらいはあって然るべきだと思うの。それを完全否定したら人類の未来が危ない。

などと脱線した話をしてみたりしつつ。
何にせよ少しでも前進できたらいいなと思う次第。今のままではジリ貧だもの。せっかくの機会、何かしらの成果は挙げたいところ。
件の恋活は来月1日に開催される……眠れる森の王子様を起こしてあげたい諸姉は今のうちだぞ!早くしないと咏喋さんが誰かの物になってしまうぞ!!(^q^)

……さて。
ひとまず今日のところは寝るか(

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント