*All archives* |  *Admin*
10≪ 2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
意外といい線いっている
こんにちは。咏喋です。
そんなわけで、愛車に付いてしまった傷・凹みの修復に取り掛かった。パテもサーフェイサーも車用の品物があったので、少々値は張ったものの一通り揃えてだな。サーフェイサーは模型用と同じ匂いで懐かしかったけれど、パテは模型用途はまた違う化学臭がした(
半ば勢いで初めてしまったため、今日中に塗装まで漕ぎ着けられるかどうか怪しかったものの、どうにかひとまず形にはなった。

46884.jpg

まさかの筆塗りというwwww
あとはしっかり感想させて、コンパウンドで磨いて表面を滑らかにして、その上から艶出しのトップコートを吹けば一丁上がりだろう。ちょろいもんだぜ(

まあ。仮に綺麗に仕上がったとしても、多分その場凌ぎで終わってしまうけれどね……。
紙やすりをかけていて、本来の塗膜の分厚さを目の当たりにしたのよ。あれだけしっかり塗ってあっても剥げるときには剥げてしまうのが車の塗装。こんな小手先の素人仕事で長持ちするとは到底思えない。でも、そうなったら今度こそ諦めて修理に出せばいいのだから。最終手段がある以上、何事も経験だと思って挑戦してみればいいのよ。

そんなわけで現在乾燥待ち。きちんと乾かすに越したことはないので続きは明日。とりあえずこの状態なら、それなりに接近しない限り作業途中であるとはバレないはず。ギリギリ衆目に晒せる許容範囲内である。紙やすりをかけただけの地肌剥き出し状態で持ち越しにならなくてよかった。それだけが心配だったから(

よし寝る。果報は寝て待つ!

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント