*All archives* |  *Admin*
08≪ 2017/09 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
オープンワールドの呪縛
こんばんは。咏喋です。
ゲーム関係のまとめを見ていて、最近のゲームは世界が狭く感じるという話題を目にしたのだけれど。やっぱりこれってみんな思っていることなのね。
また懐古趣味だ時代遅れだと言われてしまうかもしれないけれど、フィールドマップというシステムはもうちょっと評価されてもいいのではないか。もう今は猫も杓子もオープンワールド・シームレスマップで、そんな言葉ばかりが先行しているような印象さえ抱いてしまうけれど、例えばドラクエIIIくらいの世界の広さを表現しようとした場合、全編3D映像のシームレスマップでは全く追い付かない。尋常ではない容量になって制作者も力尽きてしまう。

昔ながらのドラクエ方式や、或いはロマサガ方式の……すなわち、街やダンジョンとは異なる縮尺のフィールドマップが、そのまま現代でも通用するとは思わない。そこは相応に工夫して現代風に昇華させる必要があると思うけれど、逆にシームレスマップの完全下位互換ということもまた有り得ない。漠然とした言い方になってしまうものの、やっぱり世界を股に掛けて冒険しているという実感は、昔ながらのフィールドマップの方がずっと大きくて、その実感がゲームの面白さを引き出す場合もままあるのだから。シームレスマップでは、どうしても一つの街とその周辺程度の範囲に限定されがちで、必然的に話の規模も小さくなってしまう。無理やりその範囲に全世界を収めても、例えば熱帯雨林の徒歩圏内に雪原があるような不自然さの方が目立つことになる。

オープンワールド・シームレスマップでなければ時代遅れ!ノンリニアで!レベルデザインが!と、とにかくそんな新語ありきの先入観に支配されているきらいがある近頃のゲーム。もちろんそれはそれでひとつの発展であり尊いけれど、それ一つだけが理想的な進歩というわけではないもの。別方向からの働きかけは当然あって然るべきだし、温故知新で古くからあるフィールドマップが見直されることがあったら面白いなと、そんなことを思ってしまった次第。

今回のドラクエXIは、オープンワールドでもシームレスマップでもないけれど、街やダンジョンとフィールドマップに縮尺の違いがないので、やはり世界の広さはやや制限されてしまっているように思う。イシの村の遥か北にあるデルカダール王国と言われても、馬に乗れば数分だし……つまり徒歩でも十分往復可能な距離。昔のようなフィールドマップであれば、1マスあたり10キロくらいあるのかなーと想像する余地があったものの、あのような写実的な世界ではそれができない。馬で数分ならそれはもうその距離で確定してしまう。

もしもドラクエXIIがあるのなら、この点をもうちょっと工夫してもらいたいなーなんて。例えば船に乗っている時は異なる縮尺のフィールドマップが表示されるので、これをより自然な形で通常のフィールドマップにも応用するとか。
正確な縮尺の地形を、自分の足で歩いて探索していく……という楽しみとは両立しがたい部分なので、相当上手くやらなければ単なる劣化になってしまいかねないけれど。
劣化ではなく、あくまでも進歩に見えるような形で、縮尺の異なるフィールドマップを導入する手立てはないものか。需要がないわけではないと思うの。広い世界を自由に冒険するってゲームならではの体験だから。

まあしかし。実際にゲームを作っている人たちは、これくらいのことはとっくに考えているのだろうなあ……その上で今の形に落ち着いているのだから、やはり比較的優先順位の低い問題ということなのだろう。
……なんか色々考えていたらRPGツクールであれこれ遊んでみたくなってきた(^ω^)今度実家に帰ったらツクール2000を回収してこよう(^ω^)

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント