*All archives* |  *Admin*
08≪ 2017/09 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫10
元気玉補給
こんばんは。咏喋です。
昨日は意気消沈してドラクエにも手を付けなかったけれど、今日はむしろ気分を盛り上げる為、帰ってきてから散々遊んだ。やっぱり面白いなドラクエは(´▽`)
サボテンボールをやっつけたときの顔芸で笑う。あんな顔でぶっ倒れられたら笑ってしまう。サボテンボールが好きになった(
メタルスライムも初見でやっつけることができたし、まほうつかいはIII以来の登場で何とも懐かしいし、この砂漠ちょっと好き。延々敵と戦っていたくなるww

そんなことより、砂漠の町で馬の競走をするのは、ひょっとしてベンハーを意識しているのだろうか。王子様だし……ダメ王子だけれど。結構面白おかしいお話で、不覚にも笑ってしまう場面がちらほらとww
とりあえずサマディーには土下座という文化があるらしい。お願い事をするときに合掌する文化もあるらしい、比較的近所だし、ホムラの里から伝わってきたのだろう(

でもあんな巨大節足動物と戦わされることになったら、ダメ王子でなくても逃げ出すわい。あの巨大節足動物、今作初めてのボスらしいボスで、ボス戦の曲が流れる最初の敵となった。一番最初のスモークとか、レッドオーブを狙っていたジャミラスの色違いとか、あの辺は通常戦闘+αの戦闘曲だったので、あくまでもボス未満のイベント戦という扱いなのね。でもあのイベント戦用の曲好き。通常戦闘では流れないフルートの独奏部分がとってもカッチョイイ。

曲といえば、サーカスでシルビアが出てきた時の曲。凄くドラクエらしいと思った。
いや……白状してしまうけれど、今作の曲はちょっと今までと毛色が違うかなって思っていたのよ。良いか悪いかは別にして、すぎやまこういち以外の人がドラクエ風に作った曲というか、或いはすぎやまこういちが作った曲に、誰か別の作曲家が大幅に手を加えた感じというか。そんな印象。ドラクエらしき面影はあるものの、過去作から連想されるドラクエらしさとはぴったり重ならない、良く言えば目新しさ、悪く言えば(ドラクエとして)違和感がある曲が多いと思う。

でもサーカスの曲はまさにドラクエだった。ちょっと、いやかなり安心した。別に他の曲が気に入っていないわけではないの。前述の通りイベント戦の曲は素敵だし。でも、馴染みのあるいつもの通りの曲がなかったらどうしよう……と思っていたところだったので、仮に予備知識が無くても即座に判別可能な、これはドラクエの曲で間違いない!と言える曲が聞けたことが大変嬉しい。

まあしかし、これは単に咏喋の考えすぎだと思う。というのも、VIIの楽曲群も初めて聞いたときはちょっと違和感があったから。それこそボス戦の曲なんかかなり独特だしww
でも今VIIの曲を聞くと、どれもこれもやっぱりドラクエだなあと思う。同じようにXIの曲も段々馴染んでいくのだろう。そもそも咏喋なんかが訳知り顔で語れるほどすぎやまこういちの引き出しが少ない訳がないということよ。浅はかな御託を並べてしまって申し訳ない。

さて。
ともかくサマディーは一件落着し、町の人々から感謝の言葉を掛けられながら次の町へ向かうところ。この感じが実にドラクエ。これでいいの。これがいいの。
いよいよ興が乗ってきて、どんどん先へ進めたいところだけれど、まあ慌てずゆっくり進めようではないか。昨日書いた通り、もはや連休中は予定もへったくれもなくなったことだしwwここで進めすぎて連休中にやることがなくなったら困る(^q^)

よし寝る。私は元気を取り戻した(

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント