*All archives* |  *Admin*
10≪ 2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
運ゲーから構築ゲーに
こんばんは。咏喋です。
鳥さんの籠を掃除していたら、いつにも増して小バエがうじゃうじゃと(´Д`)
今の時期は本当にすぐ虫が寄ってきて、油断も隙もあったものではないのだけれど、雨が降って湿度が高くなったからだろうか。急にまた増えたような気がする。もう何年も生き物を飼っているわけで、こういった事態への耐性は人より強いつもりだし、生き物を飼う以上はある程度仕方のないことだと割り切ってはいるものの……やっぱり嫌なものは嫌よね。
せいぜい可能な限り清潔な環境を維持しなくては。いずれ厳しい冬がやってくれば、こんな煩わしささえも恋しく思えてくるのだけれど……やっぱ何だかんだで暖かい季節の方がいいよね。心豊かに過ごすことが出来る。ような気がする。

さてところで話は変わる。毎日これで申し訳ないけれど、今日もまたドラクエ関係の話。でもドラクエ本編とはあまり関係のない話。
その昔、バトルえんぴつというものがあった。知っている人も多いだろうから説明は省くけれど、このバトルえんぴつ。意外にも歴史が古く、1993年から商品展開が始まっていたらしい。これはなかなか興味深い事実だと思いましたわけ。
しばしば書いているように、咏喋はボードゲームやカードゲームの歴史を探るのが好きなのよ。頭が悪いから実際に遊ぶと滅法弱いのだけれどwww

で、1993年に何があったのかというと。かのトレーディングカードゲームの祖である、マジックザギャザリングが世に出た年。アメリカで発売され、日本ではまだまだ一部の好事家にしか知られていない、草創期もいいところだった頃。そんな時代にバトルえんぴつが発売されていた。トレーディングカードゲームに絞って歴史を辿るだけでは、なかなか触れる機会のない事実。でも何らかの因果を感じさせる事実。
バトルえんぴつは鉛筆であってカードではないのだけれど、木の棒か紙片かの違いであって、性質としてはトレーディングカードゲームとよく似ている。間接的に……ひょっとしたら直接的に、トレーディングカードゲームに影響を与えていた可能性があるのではないか!

国産トレーディングカードゲームの第1号はポケモンカードゲームで、発売されたのは1996年。その間もバトルえんぴつは精力的に商品展開を続けており、"気に入ったキャラクターを持ち寄って勝敗を競う""しばしば交換などして収集を楽しむ"という遊び方を、トレーディングカードゲームに先立って世に定着させていた……トレーディングカードゲームが流行する下地作りを着々と進めていたと考えることができる。元来キモオタ向けだったマジックザギャザリングと違い、ポケモンや遊戯王が主に小学生向けに売り出されたことも、バトルえんぴつの流行と無関係ではないように思える。トレーディングカードゲームはメーカーにとっても新境地だったわけだから、バトルえんぴつの商品展開がひとつのモデルになっていたのではないだろうか。

もちろんバトルえんぴつ以前にも、数値や記号が書かれたカード類は存在しており、古くはメンコにも何らかの数字が書かれていた。とはいえ、その数字を使った遊び方はこれといって指定されておらず、子供たちの発想に任されるのが当たり前であり、その点でバトルえんぴつやトレーディングカードゲームとは決定的に違っていた。
バトルえんぴつは解釈の余地がほとんどないほど単純な遊びであり、尚且つ日本全国に広く流通していた。必然的に全国統一ルールとなり、初めて会う子供同士でも申し合わせなどせず即座に対戦できるという利点があった。バトルえんぴつを通して仲良くなった子供たちもいたことだろう。これはその後のトレーディングカードゲームに通じる点で、バトルえんぴつが蒔いた種といえるかもしれない。

また、もうひとつ興味深い点として、バトルえんぴつもトレーディングカードゲームも、RPGの再現に端を発しているという共通性がある。バトルえんぴつはドラクエの戦闘を擬似的に再現したものであり、マジックザギャザリングは冗長になりがちなTRPGを手軽にまとめたもの。それぞれ向いている方向はやや異なるものの、本格的なゲームを必要に応じて簡素化したという成り立ちは似通っている。これは偶然か必然か。

以上のことは、どれもこれも咏喋の勝手な解釈であり想像でしかないのだけれど、バトルえんぴつが(日本に於ける)トレーディングカードゲームの隠れた祖形……と言ったら大仰かもしれないけれど、少なくとも地ならしをしたことは間違いないはず。トレーディングカードゲームの歴史を辿る時、バトルえんぴつのことを意識の隅に置いておいたら、今後また新たな発見があるかもしれないなと、そんな風に思った次第。
ボードゲームやカードゲームについて調べるのが好きなのに、バトルえんぴつは盲点だったなあwww

……さて。いい歳こいてバトルえんぴつバトルえんぴつ書きすぎた。しかも少年時代の思い出でも何でもない内容で。例によって年甲斐というものがなくて済まんな。
今夜はちょっと時間があるので、いま少し調べを進めてから寝ることにする(

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント