*All archives* |  *Admin*
10≪ 2017/11 123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫12
繋がらない、電話
こんにちは。咏喋です。
スマホサイトを見ていたらこんな広告が出てきたのだけれど。

64iu3.jpg

たぶん、名前と傘はたまたま揃ってしまった個性だと思うの。そこまでは狙ってやったわけではないと思うの。
で、声優を決める段階になって、もうこの名前で傘持ってるし釘宮でいこうwwみたいな悪ノリに転じたのではないかと、私はそんな印象を受けました(
パロディやオマージュと呼べる類の共通性ではなく、かといって全くの偶然とも思えない。なんとも反応に困るキャラクターではある。

さてそんなことはともかく。何だか気味の悪い夢を見た。
(夢の中で)目を覚ますと、もうとっくに仕事が始まっている時間。やってしまったー!と思いながら飛び起きたら、立ち眩みがしてそのままぶっ倒れた。現実でも近頃体調が良くないので、それが反映されたのだろう。
何はともあれ会社に連絡をせねば……と電話をかけようとするのだけれど、通話アプリが強制終了になってしまったり、電話帳が開けなかったりで、どうにも思うように事が進まない。

ようやく電話をかけることができたと思ったら、相手は片言の女の声。誰だお前は!
いまいち会話が噛み合わないものの、とりあえず会社には繋がったらしい。ので、係長に代わって欲しいと言ったところ、係長は今日突然会社を辞めましたーなどと有り得ないことを言い出す。いいから早く代われと何度も言っていたら切られた。

もちろんそれで諦めるはずもなく、もう一度電話をかけ直したところ、さっきとは違う女の声が。もう係長でも主任でもいいから早く!!と言ったら、あろうことかその言葉をそのままオウム返ししてきた。ふざけやがる(^ω^)
何を言っても同じように返されるだけだったので、もういい!と捨て台詞を吐いて切ろうとしたところ、妙に甲高い声で笑いだしてちょっと背筋が凍った。怖かった(

そこまでくると、自分が無断欠勤扱いになる危機感よりも、会社に異変が起きている可能性の方が気になり始めて、もう何はともあれ会社に行くしかないな……!と妙な冒険心に駆り立てられているところで目が覚めた。ちょっと安心したような、残念だったような。あの片言女たちは何者だったのだろう(^q^)
念のため時間を確認したところ、目覚ましが鳴る2時間前だった。よかった。携帯も異常なし。兄が舐め腐ったラインスタンプを送り付けてきていたくらい。

今思い返してみると、夢の中で自分が目覚めた部屋って、アパートではなく実家の部屋だったのよね。どうして夢ってそういう明らかな矛盾に気が付かないのだろう。
前に高校生活をしている夢を見て、今日夜勤だから生徒会出れないわーwwとか言っていたこともあったけれど。夜勤と生徒会を一文の中に同居させるというね。いくら夢だからと言っても、気付かずに素通りして良いものといけないものがある。夜勤と生徒会の矛盾は俄然後者だ。

ひとまず今夜も夜勤なので。これが夢でないのなら多分本当に夜勤なので。そろそろ寝るとする。
もしもこれが夢だったらどうしよう。もうとっくに仕事変えたのに夜勤とか書いてる変な夢見たなーとか後で思ったらどうしよう。こういうことを考えていると何が現実か分からなくなって色々危うくなってくる可能性があるので、夢日記はほどほどにしようね!!!!!

それでは、失礼致します。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

コメント